2015年

2月

28日

南極では郵便係を募集しております。

現在、南極では郵便係(日本で言う郵便局員)を募集していますが、応募殺到しており、サイトが時々繋がりにくくなることがあります。ご了承いただければ幸いです。


給与は日本円で約20万3,500円、契約期間は2015年11月初旬から翌年の3月半ばまでとなっております。


勤務先のポート・ロックロイは下記のページでご確認ください。

http://www.world-scene.com/diary/2011/12/23/%E5%8D%97%E6%A5%B5%EF%BC%9A5%E6%97%A5%E7%9B%AE%E3%80%80%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%81%A7%E8%91%89%E6%9B%B8%E9%80%81%E4%BB%98%E3%81%A8%E6%82%AA/


南極で「郵便係」公募、環境過酷も応募殺到(CNNより)

http://www.cnn.co.jp/career/35061005.html

 

(CNN) 英国の団体「南極遺産歴史トラスト」は26日までに、南極にある英国の基地に期間限定で勤務する「郵便局員」の募集広告を自らのウェブサイトに掲載したが、応募者約1000人が殺到し、サイトへの接続が一時不可能となる反響を呼んだ。

旅行ガイドブックなど発行の「ロンリープラネット」社が伝えた。募集の締め切り日は今月27日。同社のサイトによると、勤務地では過酷な生活条件に耐えることが求められるが、応募者は日本やオーストラリアなど世界各地から集まったという。

赴任地は、南極半島沖合のゴージャー島にあるポート・ロックロイ基地。契約期間は今年11月初旬から翌年の3月半ばまで。月給は1100英ポンド(約20万3500円)。

現地の冬季の平均気温は零下10度。水道水、電話もなくインターネットの使用も不可能。通信は無線のみで、数千匹のペンギンだけが日ごろの「友」となる。また、1日に1~2回観光客船の乗客が訪れる。